Blog Detail

【自分軸を持ちたいあなたへ①】そもそも「自分軸」とは?

15 4月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

「自分軸」という言葉が当たり前のように聞かれるようになりましたが、

なんか縛られちゃってる人もいるようなので、今日と明日で、私なりの考え方を。

 

昭和記念公園

 

 「自分軸」とは何か。

 

「自分軸」って、その人の判断基準とか価値観のことだと思っています。

 

そんなに細かく具体的なことでなくても良いんじゃないかな。

例えば、「とにかく安定した生き方がしたい」というのもそうだし、

「楽しいほうに進みたい」とか「人のために役立つことがしたい」とか。

「いつもピンときた選択が正しい!」というのも、その人なりの軸なんだと思う。

 

いずれにしても、自分軸ってどっかから持ってきたり無理にこしらえるものじゃなく、

人生どんな選択をしてきたか?の集合体だと思っています。自分の中にしかない。

 

 

起業家さんの「自分軸」とは。

 

起業家さんが「軸を持て」と言われる場合は、仕事における軸ですよね。

「こんな考え方で仕事をしています」「こういう人たちのこんな幸せに貢献したい」など、

ターゲットとかビジョンとか言われるものも、「軸」に含まれます。

起業家さんの価値観の表れですし、お仕事をする際の基準になるものですから。

 

で、この仕事における軸は、

「お客様を迷わせないためにも」明確にできたほうがいいと思います。

 

すごい雑な例ですが、同じ価格のビジネスコンサルの人が2人いたとして、

「3ヵ月でラクにがっつり稼ごう!」という人と「10年後も生き残れるビジネス」を提唱する人、

それぞれに集まるお客様は全然違うでしょう。「軸」が全然違っているからです。

 

 

自分軸はぶれてはいけないの?

 

「ぶれちゃダメ」とか、「軸がないとダメ」「私には軸がない」とか、

軸にまつわる話はいろいろ耳にしますが、狭くとらえすぎでは?と思ったりします。

 

私自身は、

①別にぶれたっていいじゃない。

②そもそも自分軸のない人はいない。

というスタンスでいます。

 

長くなりましたので、続きはこちらに。

【自分軸を持ちたいあなたへ②】軸がぶれるってどういうこと?

 

昭和記念公園

 

<おまけ>

起業家さんが「軸」に悩んでしまうのは、

個人の生き方としての「自分軸」と、仕事における軸が、

こんがらがっちゃうせいもあるのかな…と、この記事を書きながらちょっと思っています。

 

特に個人でやってると、どうしても自分と仕事が直結しがちです。

実際、仕事の軸は、その人の生き方の軸とかけ離れたものにはなりにくいでしょうし、

人柄に惹かれて商品が売れる…なんてことも多々あるわけなので、

自分軸がしっかりしていれば、仕事でも信用されやすい…というのは事実でしょう。

 

でも、仕事で「軸が見えない」「何がしたいのかわからない」と言われたからといって、

自分の生き方まで否定されているわけじゃないし、生き方に軸がないわけじゃない。

売れない=私は役に立たないダメ人間…ってわけじゃないのと同じような話で。

 

 

**************

★「自分軸」を見つけたい方にもオススメのサービスです。

魅力カルテは、あなたの魅力を分析して文章化。自分らしい生き方の地図が手に入ります。