Blog Detail

魅力カルテは本当に魅力カルテなのか?作った張本人が疑っている件。

10 4月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

魅力カルテという名前が、なんかそぐわなくなってきた

 

「魅力翻訳家」という肩書きを付けて最初に始めたサービスが、魅力カルテ

2011年に始めた当初は、一応アドバイス欄とかメッセージ欄もあったものの、

基本的には、素直に1人1人の魅力を文章化したものでした。

 

今私が見ているものは、魅力はもちろんなのだけど、それに加えて、

その人の「軸」であり、先日の言い方をすれば「レッドカーペット」であり、

なんというか、1人1人の生き方の地図みたいなものを見ている感覚があるのですよね。

「魅力カルテは地図」だという説明をしたことが実際あるのだけど、その実感が今は深まった感じ?

 

過去の出来事から、魅力や想いの根っこを引き出す。

現在持っているスキルも考慮に入れながら、オリジナルの方向性を考える。

夢や展望を伺いながら、未来の姿をキーワードとして表現する。

過去・現在・未来を1本の道につないで、ストーリーとして仕上げる。

 

こういうことをたぶんサービスとしてやっているわけですが、そうなると、

 

魅力カルテという名前、中身に対して小さくない…?

 

ってちょっと疑問に思ったりするわけです。

 

まあ、これはあくまで私の感覚レベルの話なので、

実際にそこまでのものが伝えられているかどうか、自信はないのですけどね。

(お客様に聞いてみないとわからんね、このへんは)

 

ただ、最近魅力カルテを受け取ったお客様を見ていると、

「ああ、私これでいいんだな」という自己受容とか、理解され受け入れてもらえる喜びとか、

場合によっては「癒し」とか「ゆるし」みたいなものが起こっているように見えることがあります。

 

「今までの生き方が間違っていなかった」「ちゃんと今の私が未来につながっている」

生き方全体が1つの文書として目に見えると、純粋に魅力だけを引き出した場合よりも、

こういったことを強力に実感できるようになるのではないかと思うのですが…どうなんだろう?

 

まあともかく。

気の利いた名前が見つかったら改名するかもしれないし、しないかもしれないし。

サービス自体、やめたり変えたりすることもあるかもしれないしね。

いずれにしても、私にとってはとても大事なサービスのことなので、

安易にいじるのではなく、しばらく頭の片隅で煮詰めていこうと思います。

 

IMG_3068

 

 

**************

 

★名前が合っているかどうかは…受けてみればおわかりいただけるはずw

魅力カルテは、あなたの魅力を分析して文章化。自分らしい生き方の地図が手に入ります。

 

★ブログやホームページの新設・リニューアル含め、伝えるお手伝いが必要な方はこちら。

魅力発信コンサルでは、あなた自身&あなたの商品の魅力を考えながら、伝わる文章・発信方法をご提案。

 

★「私以上に私らしい」文章が返ってくる…と言っていただきました。

プロフィール/あなただけの魅力ストーリー作成サービスでは、あなたの魅力が100%伝わる文章を執筆します。