Blog Detail

リアルこそが伝わり、リアルこそが人の心を動かす。

20 1月 17
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

魅力カルテのインタビューでは、お客様の半生をじっくり伺います。

具体的には、インタビューのもとになる魅力カルテ事前アンケートを見てみてください。

 

とにかく、なんというか「リアル」です。生きてきた道をそのまま振り返ってもらうというのは。

 

実際に見てきたことや感じてきたことを伝える言葉は、想像や伝聞よりもはるかに強力です。

お客様はきっと、そのときの映像を脳裏に見ているだろうし、感情も感じていると思う。

涙を流す方もいるのは、経験がまさにリアルに思い出されているからですよね。

 

こういった場面を見ていると、いつも思うのです。

もっとリアルな経験ごと伝えていけばいいのに、と。

私にお話してくださったこと、世間に伝えても大丈夫だから、って。

 

経験はやっぱり強いし、なにしろオリジナルです。

正確に言うと、似たような経験をする人は世の中にたくさんいるかもしれないけど、

そこで生じる感情は人それぞれで、まさにあなただけのものなんです。

 

でも、実際にそれをさらけ出すのは難しい、と感じる人も多い。

嫌われないか、叩かれないか、今までとイメージが変わってしまって、人が離れていかないか…。

お客様を見ている限り、実際にそういう事例に出会ったことはないのですけどね。

 

想いを伝えているはずなのに伝わらない…と思っている人がいるとしたら、

「いまひとつわかってもらえない…」という気持ちがくすぶっている人がいるとしたら、

言葉で表面的に伝えているだけになっていて、自分自身の心がどこか閉じていないだろうか?

 

IMG_4422

 

実は、「この人は知られたくないことがあるのだな…」という壁は、言葉からすぐに感じ取れます。

私はそのまま受け止めますが、実際には、その壁が壊れない限り、世の中に魅力は伝わっていかない。

だって、壁が先に伝わってしまうから。相手が「これ以上踏み込んではいけないんだな」と感じる壁が。

そして、壁を作って知られたくないことを頑丈に守ろうとするあまり、リアルさが消えてしまう。

1枚フィルターを通したような、どこかぼんやり不自然な景色しか見えないのですね、周りの人には。

 

あなたにとっては、当たり前だったり、恥ずかしいことだったりするのかもしれない。

でも、あなたの周りの人は、意外とそういうリアルな部分に興味を持っています。

だいたい、誰だってみんな、リアルに生きてきてるんだから。泣いたり怒ったり恥をかいたりしながら。

 

もちろん、何もかもすべてを隠さず伝えろ、ということではありません。

でも、経験はひとりひとり違えど、共感するポイントってある種の生臭さなんじゃないかなあ。

 

 

**************

★あなたの生きてきた道が、そのままあなたのブランドを作ってくれます。

魅力カルテは、あなたの魅力を文章化。あなただけのビジネスを構築するためのマニュアルです。

※今年の魅力発掘おみくじお申込くださった方は、割引あります^^