Blog Detail

【自分軸は既にある】あなたは「自分専用レッドカーペット」の上を歩いている

31 3月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

まだ2回しかやっていませんが、今のところゲリラお茶会は、

他愛もないおしゃべりから、カウンセリング並の真剣トークまで、

集まったメンバー次第で、たいへん幅広い会話が繰り広げられています。

 

先日、カウンセリング?コンサル?モードで出てきたのが、

 

あなたの目の前には、レッドカーペットが既に敷かれている

 

という話。

詳しいことは忘れましたけど(爆)、だいたい以下のような話だったと思います。

 

横浜西洋館

 

レッドカーペットって、セレブじゃないと歩けないわけじゃないんですね。

誰にでも、ちゃんと自分専用のレッドカーペットが用意されていて、

その上を歩こうと決めさえすれば、歩けるのですよ、レッドカーペットの上を。

 

でも、自分は本当にこんなとこ歩いていいんだろうか…とか、

隣の芝生ならぬ、隣のレッドカーペットのほうが赤く見えたりとか(笑)、

いろんな想いが邪魔をしてしまって、迷ったり前に進めなくなったりしちゃうわけ。

 

せっかく目の前にあるのだから、さっさと決めて堂々と歩いてしまえばいいじゃないか。

レッドカーペットって、きょろきょろしながら背筋曲げておどおど歩くのカッコ悪いし(笑)。

 

で、ここから先は私が個人的に付け加えますが、レッドカーペットって目の前だけじゃないはず。

そもそも、今まで歩いてきた道が、既にあなた専用レッドカーペットなんですよね。

赤いとは思わなかったかもしれないけど。セレブ感もなかったかもしれないけど(笑)。

「大したことない」「失敗ばかり」「すごい人が他にもっといる」などと言うかもしれないけど。

 

でもまぎれもなく、これまでの道は、あなたにしか歩んでこれなかった道。

そんなスペシャルな道、「レッドカーペット」という呼び名でも本来は足りないぐらいでしょう(笑)。

 

とはいえ。

レッドカーペットがあるにもかかわらず、みんななぜか「他に何かないのか」と自分の道を探します。

今まで何をやってきたんだろう、自分にできることなんてない、自分にしかできないことって何だろう…と。

 

私のブログは「自分軸って何だろう」とか「軸がぶれてしまう」といったお悩みをお持ちの人も多いですが、

その「軸」っていうのがまさにここで言う「レッドカーペット」とも言えるわけでして、

これまで歩いてきた道をきちんと振り返れば、必ず自分の軸って何かしら見えてくるものです。

「何かある」と思って見ないから見えてこないだけ。「何もない」と思って自分を見るから見えないのね。

 

とにかく。

 

今まで歩んできた道も、これから歩いていく道も、あなただけのレッドカーペットです。

来た道を誇りに思ってほしい。あなたが歩くだけで、どれだけの人を幸せにしてきたことか。

この先も堂々と歩けばいい。セレブみたいに凛として、周りに微笑みかけながら。

神様はちゃんと、あなたが輝いて見える赤を選んでくれてるよ、あなたのために。

 

私はいつも、魅力カルテという形でこのレッドカーペットを可視化しているのだよね。

誰のお話を伺っても、過去から現在を通って未来に向かう1本の道が、すっと見えるのですよ、本当に。

 

 

**************

★そんなわけで、あなた専用レッドカーペットを言葉でお見せするサービスです。

魅力カルテは、あなたの魅力を分析して文章化。「私、このままでいいんだ」という自己受容の声、多数。