Blog Detail

お客様が女性なら知っておきたい。○○が相手との距離を一瞬で縮める

17 3月 15
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

私の周りには、「この人すごいなあ…」という方が何人もいるのですが、

「すごい」と感じる相手に対して、多くの人は「私はこの人とは違う」と「差」を見るように思います。

共通点もあるはずだけど、違いに目が行く。私はまだまだダメだとか、私はあなたみたいになれない、とか。

良い方に向けば「憧れ」「尊敬」になりますし、悪い方に向けば「恐れ」とか「妬み」とか。

 

でも、そこで自分をぱーんと開くことで、一転して「私も同じ!」という見られ方になったりするのですよ。

普段見せない素顔を見せたり、今の自分からは想像がつかないであろう経験を伝えたりするだけで、

「私もそうなの!」「わかる~!」と、相手が勝手に距離を縮めてくれたりするのですね。

ちなみにこの傾向は、圧倒的に女性のほうが顕著(私調べ)。

 

「この人すごい!」と差を見せることで得られるのが「信頼」で、

「わかる~!」と同じところを見せることで得られるのが「共感」なのだと思います。

 

お仕事の場合は、どこかしら相手より秀でたものがあるからこそ頼んでもらえるわけですし、

高額の商品・サービスになればなるほど、秀でていないともちろん売れません。

でも女性の場合は特に、あまりに近寄りがたい相手も敬遠するということなのでしょう。

お客様と共通する部分を見せてあげることは、お客様への安心にもつながります。

 

学生時代、しっかり者で優等生…みたいな評価を受けることが多かった私ですが、

それはそれは手先が不器用でございまして、家事全般が苦手なのですね。

以前、友人が我が家に遊びに来たとき、なんともぎこちない手つきで料理をしていたら、

「ちえってもっと怖い人かと思ったけど、意外とかわいいんだね~!初めて知った!」と、

その日からその子とさらに親しくなった…という経験があります(笑)。こんなもんです。

 

女性のお客様が多い方は、女性にモテる文章の記事もぜひヒントにしてみてくださいませ。

 

中国茶×桜(多重露光)

(Instagramではこういう写真の人気が高い。面白いです。)

 

 

**************

★共感を得るためにはストーリーが有効。ただし、わざとらしくなく、押しつけがましくないものに限ります。

あなたの魅力が100%お客様に届くプロフィール/あなただけの魅力ストーリー作成サービス、開始しました。

 

★数日前にしか告知しないゲリラお茶会、第1回は3月19日(木)9:00~11:00@新宿(出入り自由)です。

魅力の引き出し方や文章の書き方など聞きたいことがある方、とりあえず私の顔を見てみたい方(笑)、ぜひ。

 

フォトブックの販売を始めました。私の世界観や哲学を知りたい方はどうぞ。ワンコインです。

お茶会やセッション時にお渡しすることも可能です(送料・振込手数料かかりません)。