Blog Detail

【花粉症歴30年、経験者は語る】私はこれで花粉症と仲良くなりました

27 2月 15
魅力翻訳家CHIE
No Comments

 

3歳で花粉症になって、30年が過ぎました(笑)。

 

子どもの頃は、どうしていいかわからなくて大変な目に遭った記憶がありますが、

今は大人だし、対処法も山のように出回っていて、自分なりに何とでもできるんですよね。

個人的には、自分で食事を作るようになってから症状がだいぶ改善して、ここ数年、薬は不要です。

というわけで、食べ物の対策を中心に、私がやってきた花粉対処法を書いてみたいと思います。

 

【食べ物編】

「●●を食べると良い」といった情報が多いのですが、実は「やめる」ほうが大事だと思っています。

私は以下のものを控えることで、花粉症がだいぶ軽減しました。

ただ、あまり厳密にやるとストレスになるので、食べたいときは食べますし、外では制限しません。

↓↓↓

☆小麦粉(経験上、パンが一番NG。パスタはまだましな気がする)

☆砂糖

☆添加物

→そういうわけで一番オススメできないのが、スーパーやコンビニの菓子パン!

☆アルコール(もう10年近く飲んでません)

☆カフェイン(コーヒーはやめられないけど、1日1杯だけ)

☆牛乳・乳製品(食物アレルギーはないけど、摂らないほうが調子がいい)

☆冷たいもの(後述のとおり冷えは良くないです。生野菜とかも注意)

 

その他、よく言われていることですが、

★精製されているもの<精製されていないもの(白米より玄米、パンも食べるなら全粒粉とか)

★動物性食品<植物性食品(タンパク質は大豆製品で。肉食べるなら魚のほうがいいかも)

基本的には、和食の割合を増やすイメージでOKだと思います。

 

【生活編】

意外と大事なのが、体を冷やさないことと、加湿すること。冬の風邪・インフル対策と同じですね。

徐々に気温の上がってくる季節ではありますが、1枚多めに着るとか、ストール・マフラー巻くとか。

私のように自宅で座り仕事の人は、ひざ掛けとか靴下とか、足元からの冷え対策も忘れずに。

 

そして、外出するときはメガネとマスク必須、ウールではなくつるつるした素材の上着を。

メガネがくもるのが気になる方は、くもりどめを塗っておくと良いです

私は頭皮までかゆくなることが多いので、プライベートでは帽子をかぶってしまうことも多いです。

髪の毛に花粉がつかないようにするためにも、帽子もそうだし、髪を結んでしまうのもオススメ。

 

【気持ち編】

何より大事なのが、気の持ちようかなと思っています。

重症の方はぜひ病院に行っていただきたいのですが、そうでない方は特に、

せっかくなので、この際花粉症と仲良くしてあげてください(笑)。

 

鼻水が出たらかめばよし。鼻○レブ、舐めると甘いって知ってますか?w

くしゃみが出そうになったら、鼻の横のツボをきゅっと押すと止まります。

目がかゆくなったら、濡れタオルで冷やせば落ち着きますし、気持ちいいです。

まあたしかにメイクは落ちるけど、命まで落ちるわけじゃないから大丈夫w

 

かわいいメガネかけて、ヘアアレンジを楽しんで、すっきりする香りのアロマ炊いたりして、

るんるん暮らしているうちに、あっという間にゴールデンウィーク、ピークは過ぎてますから^^

 

…というわけで、GW頃の写真を置いておきます(笑)。いつだかの亀戸天神にて。

IMG_5548