Blog Detail

人がわざわざラブレターを書く理由を考えてみる。

12 2月 15
魅力翻訳家CHIE
No Comments

 

最近は「メールで告白」とか「LINEで告白」のほうが多いのかもしれませんが、

いずれにしても、面と向かって伝えづらいことを、それでも伝えようと文字にするのです、私たち。

どうしてそこまでして、自分の気持ちを伝えようとするのでしょうか?

 

伝えようとしなければ、ドキドキすることなんてないのに。

伝えようとしなければ、ごはんが喉を通らなくて…なんてこともないのに。

伝えようとしなければ、そこそこの関係でいられるかもしれないのに。

伝えようとしなければ、傷つくことなんてないのに。

 

そういうリスク(?)を冒してでも、相手と一緒にいたいと願うから…ですよね。

一緒にいたい気持ちのほうが、黙っていようという気持ちより強いから。

 

写真 2014-05-11 21 17 07

 

ラブレターに限ったことではありません。

 

わざわざブログを書いたりFacebookに投稿したりするのは、どうしてですか?

日々忙しいのに、毎日何かしら書かなくちゃ!と気合いを入れて時間を取ったり、

ブログやFacebookを活用するためにわざわざ講座に通ってみたりして、

お金も手間もたくさんかけている方が多いと思うのですが、どうしてですか?

 

そこまで手間をかけてでも伝えたいことがあるからですよね?

 

どんなテクニックがあろうとも、まず「伝えたい」という気持ちがなければ書き続けられません。

だいたい、「伝えたい」という気持ちの入っていないやっつけ文章は、相手に伝わりません。

続かない…書けない…と思う人は、まず自分の気持ちの本気度を確かめたほうがいい。

書き続けられるほどの本気度がなければ、そもそもビジネスだって続かないでしょう。

 

「みんなやっているから」「やったほうがいいって言われたから」

最初はそういう理由で始めることもあるかもしれませんが、

やっぱり「伝えたい」という気持ちを、ちゃんと心の真ん中に置いておきたいもの。

ラブレターを書こう、と決めるときみたいにね。

 

 

**************

★本当の想いは、自分の歴史の中に埋もれているかもしれない。

魅力カルテは、あなたの魅力を分析して、伝えるためのヒントまでオーダーメイド。

 

★伝えたい気持ちがあるのなら、伝え方に磨きをかけたいですね。

魅力発信コンサルでは、あなた自身&あなたの商品の魅力を考えながら、個別に伝え方をご提案。

 

★頑張って書いているブログ、ちゃんとお客様に伝わっているでしょうか?

あなたの「魅力表現度」診断で、ご自身の文章が与えている印象や「伝わり度」をチェック。

※3月末まで、キャッシュバックキャンペーン実施中です!