Blog Detail

【全文公開】プロフィールはお客様によって変える

17 12月 14
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

ホームページでもブログでも、なくてはならない最重要文章がプロフィール。

プロフィールも他の文章と同じく、「伝えたい相手が誰なのか」を考えて書く必要があります。

でも、「相手」を意識せずに、自分の伝えたいことや思いついたことを並べただけのプロフィールがけっこう多い…。

 

ちょっと極端な例になってしまうのですが、「相手によって文章が変わる」実例があったほうがわかりやすいと思いますので、

先日作品展に参加したときのプロフィールを全文掲載します。私のビジネス用プロフィールと比較してみてください。

 

☆★☆★☆★☆★

及川智恵 OIKAWA, Chie

魅力翻訳家。クリスマス☆ピンク展「撮る」担当。

 

<プロフィール>

1981年生まれ。「及川家は芸術の才能がないのよ」としつこく聞かされながら育ち、
その言葉を1ミリも疑うことなく成長する。

2009年、コンパクトデジカメを買い替えようと検討した結果、
「お金を少し足せば手に入る」という理由でデジタル一眼レフを購入。素人カメラマン生活が始まる。

2012年、やっぱり持ち歩きやすいカメラが欲しい!と検討した結果、
「アプリで加工ができて楽しそう」という理由でiPhoneを購入。アプリを駆使した創作初心者生活が始まる。

2013年と2014年に1回ずつ、一眼レフで撮影した「正統な」写真を作品展に出展。

今回のクリスマス☆ピンク展では、一眼レフまたはiPhoneで撮影した写真を、
iPhoneアプリで多重露光風に加工したものを出展しています(使用アプリ:DXP)。

 

<今後の野望>

出版と個展開催…と書いてしまったので、実現のお手伝いをしてくれる方、大募集中。

 

<仕事人としての私>

1人1人の魅力を引き出して言葉で伝える「魅力翻訳家」という仕事をしています。

Web: http://www.rainbowplanet-earth.com/
Facebook: https://www.facebook.com/oikawachie

 

【出展作がすぐわかるように、この下に自分の写真の画像を入れました。】

 

☆★☆★☆★☆★

ビジネス用のプロフィールは、オリジナルのビジネスを作りたい起業家・個人事業主を念頭に置いて。

作品展用のプロフィールは、もちろん作品を見に来てくださる方向けなのですが、それだけだと幅が広すぎて書きづらい…。

主催者が「アートを身近にしたい」という考えの人なので、来る人もその考えに影響された人が多いだろうと考えました。

そこで、私自身も身近であろうと「素人感」をあえて出しました(笑)。(正直、本気で作品を売るぞ!という気もなかったし…売れましたけどw)

 

写真 2014-12-04 20 02 25

【展示直後の様子。レイアウト、会期中に日替わり状態でいろいろ変わってたんです(笑)。】

 

私の場合は商品も違っていますので(魅力カルテ・発信コンサルと写真)、

ここまで違うプロフィールが必要なケースは、あまりないかもしれません。

でも、同じ人間のプロフィールでも、これぐらい切り口に差が付けられるということはおわかりいただけますでしょうか。

 

だから、漫然と経歴を並べただけのプロフィールでは伝わらないんです。

読み手が誰なのか、その読み手が知りたい情報、読み手に響く情報って何なのか。

仕事の中身や相手によって、自分のどの部分をアピールしたら相手に響くか考えて書き直す。

文章ってそういうものなのですが、意外とやっていない人が多いようにも思います。

 

ビジネスをしていれば、ターゲット(=プロフィールの読み手ですね)はある程度絞ってあるでしょうから、

まずはそのターゲットに合わせて1本作成して、必要に応じてアレンジを加えていくのが良いかなと思います。

 

 

**************

で、残念ながら「相手に響く切り口」さえ見つけられない人が多いです。自分のことをちゃんとわかっていないから。

魅力カルテなら、その切り口が客観的に見つかります。1ページ目のストーリーが、そのままプロフィールのヒントですから^^

※モニター募集は年内で終了いたします。

 

必要な文章はプロフィールだけではありませんよね。あなたのブログやホームページ、伝えたいことがちゃんと伝わっているでしょうか?

あなたの魅力がしっかり伝わる切り口で発信し続けられるように。魅力発信コンサルで個別にアドバイスいたします。