Blog Detail

「読んでもらえるブログ」って?

10 12月 14
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

あなたが誰かのブログを読むとき。

どういう判断基準で「読もう」と思うのでしょうか?

その人の近況が知りたいから?文章が面白いから?勉強になるから?

 

細かく見ると、判断基準は人によってさまざまかもしれませんが、

読み手は通常、「文章が読みたい」から読んでいるわけではなくて、

読むことによって有益な情報が得られるとか、読むだけでとにかく面白いとか、

自分にとって「良いことがある」と思うから読むんだと思うのです。

みんな忙しい。どうでもいいことのために貴重な時間なんて使えません。

 

じゃあ、「読み手にとって良いこと」って?

何を書いたらいいか、考えるためのヒントは2つです。

 

(1)あなたが提供できる「良いこと」って、何でしょうか?

あなたのキャラや強み、サービス内容、知名度なんかでも、何を発信すべきかは少し変わりますが、

(詳しく知りたい方は、魅力発信コンサルで個別に相談してください)

まずは、「自分の仕事に関連した、役立ちそうな情報や知識って何だろう?」と考えてみてください。

エステティシャンなら美容の知識かもしれないし、カウンセラーなら落ち込みから回復する方法かもしれない。

自分が伝えられることは何なのか、一度紙にずらっと書き出してみると良いと思います。

もちろん、一般的な情報なら、既にネット上にごろごろ転がっているわけですが、

「自分の視点で伝えられるかどうか」によってオリジナリティが出て、面白がってもらえたりします。

 

(2)あなたのお客様(読み手)にとって「良いこと」って、何でしょうか?

何を面白いと感じるか、何を役立つと感じるかは、人それぞれ。

年齢、性別、職業、家族構成などによっても、知りたいことはずいぶん違うはずです。

あなたのお客様(読み手)」は、どんなことに興味があるのでしょうか?

自分の提供できる「良いこと」を、読み手の視点に合わせて伝えてみてください。

例えば、美容の知識を伝えるにしても、20代OLと50代専業主婦では知りたいことが違いそうですよね。

誰に読んでほしいのか(=ターゲット)をある程度決めておいたほうがいいのは、

その人たちにしっかり「刺さる」内容の文章を書くためでもあります。

 

a0002_006938

…ここまでの内容を踏まえて、見直してみてください。

あなたのブログは、あなたの読者に読まれるブログになっていますか?

 

自信がない方はぜひ、魅力発信コンサルティングにお越しください。

「読まれる」&「あなたの魅力が伝わる」発信方法を、個別にお伝えできます(ブログに限りません)。

 

そもそも自分には何が伝えられるのかよくわからない…という方は、まず魅力カルテがオススメ。

魅力カルテのモニター募集、残席7名様となっております。お早めにお申し込みを。

今なら年内にカルテをお届けできます。2015年は1月から、しっかり腹を据えてスタートしましょう^^