Blog Detail

作品展までの道のり【作品を出展したい方へ】

04 12月 14
魅力翻訳家CHIE
No Comments

 

既に告知しております通り、明日から早稲田で開催されるグループ展に参加します

で、写真に限らず「自分の作品を見てもらいたい!」という人がけっこういるようなので、

今日は「作品を出展できるようになるまでの話」なんかを書いてみようかと思います。

 

【カメラとの出会い】

コンパクトデジカメを買い換えようと思っていたとき、「少し足せば買えるじゃん」と、

エントリーモデルの一眼レフ(Canon Kiss X2)を手にしたのは、2009年夏のことでした。

その後、やっぱり持ち歩きやすいカメラも欲しい…と思って、結果的にチョイスしたのがiPhone

アプリで自在に加工ができるのが最終的な決め手になりました。写真を超えた「創作」を楽しんでいます。

つまり…いわゆる「プロレベル」の機材は持っていません。一眼レフのレンズも標準レンズ1本のみです。

★今回のグループ展では、一眼レフで撮った写真をiPhoneアプリで加工した、ちょっと変わった作品を出します。

 

【作品を出展するきっかけ】

「やってみたい気持ちはある、でもどうしたら良いかわからない」

そんなことを、既に作品をあちこちに出展していた知人のFacebookにコメントしたのがきっかけです。

そこで、「初心者でも出しやすい展覧会があったら教えてほしい」って一言伝えたところ、

翌日、「この展覧会どうですか?」と早速オススメが。これが昨年秋、最初の出展となりました。

その後、今年の秋に中国茶専門店でのグループ展に参加し、今回が3回目の展示となります。

 

写真 2014-12-02 0 01 55   写真 2014-12-02 13 23 27

過去の出展作品(自宅で適当に撮ったので光ってます…)。
上:1回目は「カメラ」というテーマ指定がありました。額装ではなくパネルです。
下:2回目は、お店の内装のダークブラウンと、中国茶専門店の店主のこだわりに合いそうな作品を。
3回目の今回は、この2つとはテイストがまーったく違うものを3点出します。

 

【作品を出展したい人へ】

私の数少ない経験から伝えられる範囲でしかありませんが…。

 

★まずは、作品をとにかくたくさん作ること。

絵ならたくさん描いてみる。写真ならたくさん撮ってみる。まずはそこからかなと思います。

★Facebookやブログでどんどん見てもらうこと。

1番簡単に見てもらえますね。Instagramとかnoteとか、クリエイターさんが多い(気がする)SNSもあります。

★どんな作品展があるのか調べて、どんどん足を運ぶこと。

作品を見るってほんと勉強になります。こんな表現ができるんだ!こんな見せ方があるんだ!って。
見にいく機会って作らないとないかもしれませんが、出展したいなら絶対作ったほうがいいです。

★出展している人と仲良くなること。

私は周りにカメラマンやアーティストの知人が複数いて、実は3回とも、知人の紹介で出展しています。
応募時の注意とか作品の額装のしかたとか、いろんなことを聞けますし、これかなり大事だなーと。

 

写真に関して言えば、今はiPhone写真の展覧会などもあって、敷居がだいぶ下がっていますし、

データさえ送れば、額装やパネルづくりをやってくれるグループ展もあります(私も過去2回はそうでした)。

いろんな写真を撮って、いろんな写真を見て、一度ぐらいトライしてみてもいいかもしれません^^

 

 

明日からのクリスマス☆ピンク展のご案内はこちら。「描く」「書く」「創る」「撮る」さまざまな作品が出展されます。

私も2日間在廊しますので、多くの方とお会いできたら嬉しいです^^