Blog Detail

セラピー、占い、強み診断…自分探しにハマる前に考えるべき3つのこと

29 11月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

「もうこれ以上、セラピーとか占いとか強み診断とか、

自分探しのためのいろいろなサービスを転々と受けなくて済むように…。」

 

魅力カルテは、実はこんなことも願いつつ作ったサービスなんです。

 

過去、現在、未来が1本の脚本みたいな感じで見えてきてしまいますし、

文章化されているので、いつでも読み返して、自分の軸を確認することができる。

あちこちで新しく何かを受けなくても、魅力カルテに戻ればいいだけなんですね。

1回のサービスとしては高額かもしれませんが、ずっと使える分安上がりというわけ。

 

「セッションジプシー」とでも呼べばいいのかな、とにかく今はいろんなセッションがありますけど、

自分探しを転々とやり続ける人が多すぎるのでは?と、以前から感じていました。

 

たしかに、楽しいですけどね。いろんなセラピーとか占いを受けて歩くのって。

「当たってる~!」っていうか、当ててほしいっていうか、自分のことをわかってくれた感?

新しい自分が見つかった!みたいな感じ?何でしょうね、何かわからないけど楽しい。

 

純粋に楽しくて受けて歩いてるなら、それはそれでいいと思うんだけど、

私が見ている限りの話ですが、極度のジプシー体質になってしまっている人もいます。

そういう人たちって、よくよく心の声を聴いてみると、

 

・「誰か私を変えて〜!」って、心のどこかで思っている

強みがわかったけど、変わらなかった。じゃあ潜在意識のことを聞いてみたら変わるかも。

潜在意識もわかったんだけど、何も変わらない。じゃあ、あの人のコンサルなら変わるかな…みたいな。

結果を聞いただけで変わるなら苦労しないんだけど(笑)、でもどこか期待してしまってる。

 

・「簡単に人生がうまくいくような、すごい能力が出てこないかな…」って心のどこかで思っている

「この強みを活かしさえすれば稼げる!」みたいな、

そういう魔法みたいなものを求めて歩いてるのかな?っていう感じの人もいます。

うまくいかないのは、まだ本当の自分が引き出されていないからだ!みたいな。

 

どっちにしても、少しでも面倒なことは避けたい、ラクしたいっていうのと、

他人から聞かされる結果によりかかって、振り回されてるっていう感じなんだよね。

 

こういう気持ちでいる限りは、財布が軽くなるだけで何も変わらないんじゃないかな。

自分の人生は自分で生きるしかない。他人が答えをくれるわけではありません。

 

a1380_000939

 

私の魅力カルテも含め、自分と向き合うサービスを受けようというときには、

次の3つをきちんと考えてから申し込むといいかなと思います。

 

(1)自分に必要なものを明確にして。

なぜそのサービスが今の自分に必要なのか?そのサービスから何を得たいのか?
何も考えずに漫然と受けると、何も得られないんです。結局ジプシー行きになります。

(2)この人なら信頼できる!という人を見つけて。

結局、人間って「何を言われるか」ではなく「誰に言われるか」で行動するんですよね。
「この人の言うことなら聞いてみよう」と思える人を探すのがとても大事ではないかと。

(3)よし、自分は変わるんだ!と覚悟を決めて。

人間の脳って、変化を嫌がり、安定を好むようになっているのだそうです。
だからこそ、「変わろう」って自分で決めないと、誰の手にかかってもダメなんですね。
覚悟を決めるってことは、後戻りする道をなくして、言い訳する余地もなくすことです。

 

自分探しをしたから人生が変わるわけじゃない。

自分を探してもいいけど、延々と探しても前に進まない。探した結果を踏まえて、

自分の手と足で自分の人生を切り拓くしかありません。そこはラクできない。自分の仕事。

誰に何を言われようと、自分は自分でしかないし、自分の人生は自分にしか決められない。

 

あなたが変われるのは、セラピーや占いを受けたときではない。

あなたが変わろう!と決めたときだけなんです。

 

 

**************

1回のセラピーよりは高額かもしれませんが、ジプシーするよりは安上がり。

何年も大事にしてくださる方が多い、お守りのようなサービスです。

魅力カルテは、あなたの魅力や想いを言語化。ぶれない自分軸が見えてきます。

 

12月の日本刀コンサルは、19日(月)です。今年のお悩み、今年のうちに。

頭の整理も、ビジネス相談も、文章のお悩みも。次回の日本刀コンサルは12月19日(月)です。