Blog Detail

「重ねてきた日々が、わたしをつくっている」

22 11月 14
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

魅力カルテのご感想を頂きました。

新百合ヶ丘の「愛の循環するサロン」フォレスト・ブレスの吉波素子さまのご感想です。

このご感想のタイトル、とても素子さんらしくて、かつ、魅力カルテのことを見事に表してくださっています。

↓↓↓

重ねてきた日々が、わたしをつくっている

 

IMG_3286

 

もうまさに、このタイトルの通りなのですよー。

 

素子さんも感想の中で触れていらっしゃいますが、

「この先どうしよう…」と未来に想いを馳せるとき、当たり前のように、未来のことを考えるはずです。

 

でも、今まで歩んできた道の中にこそ、ヒントがある。

 

「過去から今に続いてきた道を、ひとすじの灯りで浮かび上がらせ」ることで、

この先の方向性にまで明かりを灯すのが、魅力カルテです。

 

とはいえ、過去に種があるからといって見方を間違えると、

自分の可能性を縛る方向になりかねないんですね。

過去の延長に今と未来があるとか、自分を活かすとかって、

「今までやってきたことを続けろ」という意味ではないです。

 

大人になるにつれて、私たちはどうしても常識に縛られるもの。

「このときは縛られていたな」「ブロックがあったな」など、

自分の魅力を邪魔してしまうような要素まで見抜いたうえで、

本当に本当に、自分を活かすための種はどこにあったのか。

そこまで考えたうえで、魅力カルテを執筆しています。

 

ここまで見抜くためには、他人の目が絶対必要だと思う。

自分のサービスだけど、魅力カルテは本当にオススメなのです。

 

とてもあたたかい愛のある方なのです、素子さん。

以前文章の執筆をご依頼いただいたことがあるので、お会いするのは初めてではなかったのですが、

今回、その愛の出所を一気に知ることができました。私はもちろん、素子さんご自身もそうだったはず。

 

森を見おろすサロンが、ますます温かい場所になりますね。素敵なご感想どうもありがとうございました!