Blog Detail

【起業女子の自撮り論】あなたも痛い人だと思われている!?

09 9月 16
魅力翻訳家CHIE
,
No Comments

 

特にFacebookが流行りだしてからでしょうか、自撮りされる方がすごく増えたのは。

 

自撮りは、自分の顔を頻繁に見せることで、親近感を持ってもらうのが目的かなと思います。

Facebookを見ているだけで、相手はあなたとよく会っている気がして、記憶に残りやすいんですね。

 

 

自撮りはやったほうがいい人とそうでない人がいます。

 

あくまで私の感覚ですけど、代表的な例としては、

 

<自撮りOKな人>

 

・ファッション関係の人(顔だけじゃなくてコーディネート掲載が目的)

・美容関係の人(本人が美しいのが最も説得力がある)

・講演をするなど、大勢の人の前に出る人(芸能人的な感じの人ね)

 

<あまり自撮りしないほうがよさそうな人>

 

・信頼重視のお仕事の人(きちんと感を出したければむやみに自撮りしないのが賢明)

・職人肌の人(自分の顔よりも仕事を売りたいですよね)

・裏方仕事の人(これまた自分の顔を売る仕事じゃないですね)

 

※自撮りしなくても、「プロフィール写真」は、顔出しNGじゃない限り設定してくださいね。

きちんと撮ってもらった写真で顔が見える状態を作るなら、信頼度アップに役立ちます。

 

 

自分の写真をわざわざ自分で撮ってアップするという行為は、

場合によっては「私を見て!」というアピールにも感じられます(そんなつもりでなくてもね)。

下手にやると、子どもっぽさが出てしまうんです。注目を集めたい一心の子ども。

 

そんなわけなので、OKの人もNGの人も、

自撮りばかりを載せまくっているのは、大変申し訳ないですが、痛いです…。

載せちゃいけないわけじゃないけど、年中自分の顔ばかり…という状況は気をつけてってことね。

 

自撮りをしたほうがいいのかどうかは、仕事の内容だけでなく、その人のキャラによっても違います。

また、「子どもっぽくなる」と書いたとおり、年齢が上がるほど、自撮りの「イタさ」は増してしまう気がします。

 

それと、肌白くしたりとか目を大きくしたりとか、加工のしすぎもNGね。

直接会ったときに「えっ!?」って思われない程度にしてください(笑)。

別人みたいな写真は、それだけで信頼を落とすものと心得ていただければ。

(これはプロフィール写真とかにも言えることだけど)

 

私の周りの人は、自撮りが似合わない人のほうが多いかも?

うちに来るお客様は、比較的信頼を大事にするお仕事の方が多いですし、

何より私自身も、自撮りは「月に1枚ぐらいまで」と決めていて、むやみには出しませんので、

そういう人が多く寄ってくる…というのもあるかもしれませんね。

 

 

*****************

あなただけの未来を作る地図として、何年経っても読み返していただける永久保存版。

自分の魅力を活かしてビジネスをしたい方には、「魅力カルテ」がオススメです!