Blog Detail

魅力の伝わる文章の書き方。

12 8月 14
魅力翻訳家CHIE

No Comments

IMG_9364

 

たぶん私は、「上手な文章を書く」ということにあまり興味がない。

だからこそ、ライターではなく魅力翻訳家なのだと思う。

 

その人の魅力をいかに引き出し、表現するか。

 

それが私の仕事。たまたま文章が得意だったというだけの話。

 

基本的に、文章には、その人の思考や人柄がそのまま出る。

そして、そのまま素直に出してしまったほうが、

魅力的に見えるし、想いが伝わることも多い。

 

「嫌われないだろうか」「炎上したりしないだろうか」

「こんなもの誰か読むんだろうか」といった気持ちが残っていると、

せっかくの魅力も、すべてぼんやりと曇ってしまう。

 

いまひとつ伝わってこない文章というのは、

気持ちの部分に迷いや恐怖心を抱えていたり、

本当に伝えたいことではないのに、世間体や見栄で書いてしまったり、

いずれにしても、心がまっすぐ現れていないからなのだと思う。

 

そして、もう1つ大切なことがある。

読み手不在の文章は、やっぱり伝わらない。

 

文章には読み手が必ずいる。今目の前にいなくとも。

特に、女性起業家さんが集客のために書く文章なのであれば、

読み手(=お客様)を無視した文章を書いても、先にはつながらない。

 

文章は上手下手だけではないけど、やはり読みにくければ読んでもらえない。

素直に表現したほうが良いとはいえ、気持ちを押し付けられたら相手は困る。

自分の売上のことばかり考えていたら、相手にもそれが伝わって逃げられる。

 

自己満足の自己表現なら、どこか他でやればいいのであって、

お客様を巻き込む必要性など、どこにもないはずだ。

 

言いたいことは素直に言っていい。ただし、相手への愛をもって。

自分の書きたいように書いていい。ただし、相手が受け取りやすい形で。

シンプルだけど、意外と難しいんだよね、シンプルなことって。