Blog Detail

文章の基本中の基本。

23 6月 14
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

ブログの書き方とか、文章のテクニックとか、教えてくれるところはたくさんあります。

そして、テクニックはたしかに便利です。便利なのですが、

 

文章は相手のために書くものである

 

という基本中の基本を忘れてしまえば、一気に本末転倒になってしまいます。

 

この前読んでいたキャッチコピーの本にも書いてあったので、私だけの意見ではないと安心して書きますが、

文章って、相手に読んでもらうために書くものなんですよね。

自分の想いを伝えるために書くのでは?というのも、ある意味正しいのですが、

読んでもらえないと始まらないから、やっぱり、文章は相手のため。

 

だから、誰に向けて書くのか?を考えることが、とても大事なんです。

 

仮に、「告知文は長く丁寧に、こういう順番で!」というようなテクニックがあったとして、

あなたのお客様(読み手)が「長い文章なんて面倒で読まない」タイプだとしたら?

 

仮に、「仕事のこと以外書いてはいけません」と教わったとして、

あなたの読者から「xxさんが趣味でやってる写真の話、もっと読みたい!」ってリクエストが来たら?

 

…自分の読者がどんな人なのかわかっていれば、迷わないですよね。

 

読みやすいようにフォントを変えたり行間を空けたりするのも、

書き出しを「おっ」と思えるような文章で始めたりするのも、

言いたいことが明確なすっきりした文章を書くのも、

言葉だけじゃなく、写真や絵を使ってイメージしやすくするのも、

 

どれもこれも、本当はテクニックでもなんでもないんです。読者に対する思いやりです。