Blog Detail

言葉とはさみは使いよう!?言葉は「少し難のある道具」なのだ

01 5月 14
魅力翻訳家CHIE

No Comments

 

言葉って、道具です。他人とコミュニケーションを取るための道具。

道具なので、使い方が大事ですね。はさみと同じように。

うまく使えば、相手と仲良くなれるけど、下手に使うと、相手を傷つけることもある。

 

そして、はさみを使って字が書けないように、言葉も何でもできる万能選手ではありません。

だから、思っていることをうまく言葉にできない…というご相談が多いのも、納得できます。

だって…そういうものなのですから。

 

決められた道具を使って、いかに伝えるか。

何度も伝え続けたり、言葉以外のものと組み合わせたり…。

書き言葉に限らず、コミュニケーションにはいろんな工夫が必要ですね。

 

自分が考えることは、文字や言葉にすることで、最初の思考からは少し離れたものになります。
本来感じるべきことを、そういった使い勝手に少し難のある道具を使いながら探り合うのが、
人間同士のコミュニケーションなのでしょう。

(『伝わる・揺さぶる!文章を書く』山田ズーニー著)

 

罪を犯した少年たちに文章を書かせてサポートしている法務教官の言葉だそうです。